「さらば」かもしれない

私と音楽の関係が終わろうとしている。

こんなに愛したやつはいないと口には出さないが心の奥でずっと感じていた。


こいつには何度も勇気をもらい、そして助けてもらった。


私の生きる言動力といっても過言ではない。


そんなすてきな恋人と別れようと、終わろうとしている。


しかし、なんだかすっきりしている自分もいるのが驚きだ。


「いつか迎えに行くから待っててくれ」
そんな心象なのかもしれない。


自分でもよく分からないのは初めての経験だからか。


愛する人と別れる理由は他に愛する人が出来たときだが、今回のケースもそうなのか。


分からない。


人生は悲劇の連続だなと思う。


あんなに愛していたものが愛せなくなってもそれは悲しみじゃなくなることなのだな。


またひとつ大人になった。


まだ大人になれるんだな。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク