相談された担当者が、その会社の中でプレゼンし認められる(出世)ようにすることです。

自社の存在意義は、顧客企業が「本当にやりたいこと」を聞き出し、
合理的な提案をすることです。


相談された担当者が、その会社の中でプレゼンし
認められる(出世)ようにすることです。


相手の出世を支援することができれば、提示単価が適正であれば、
価格が高くても受け入れられるものになります。


加えて長期的展望から、その会社にとっての印刷戦略の
ブレインになることができれば、磐石です。


その企業がなくならなければですが。


参考になる情報は、ネットから容易に手に入ります。


どんな検索語で探すかになります。


この検索技術も、リテラシーとしての素養のひとつです。


印刷業からみた、その会社の戦略にもおおきくかかわる
ことができれば、お互いメリットのなる関係が築けると確信しています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク