恋愛と田舎

社会には恋愛を煽る風潮があることについては前項でお話しましたが、このために、恋愛をしていないことに焦り、恋を急ぐ若者が後を絶たないことも事実です。


煽られて行動に出る場合、概して、その行動には、本人の本当の価値観や真意が十分に反映されていません。


また、煽りには、そのような観念を醸成する余地すら与えず、画一的な思考を刷り込んでしまうという懸念があります。


最大多数の幸福を考える上では、私たちは、あまりタイムリーでなく、トレンドに囚われていない田舎の文化、すなわち、田舎の人々の意識の在り方および恋にも、より一層の重きを置いて考えていく必要があるのではないだろうかということがいえるでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク