小部数の新聞? 意味があるのか。

バリアブルな新聞といったほうがいいでしょう。


今の新聞の多くは、全国版+地方版として百万部単位での
制作を毎日行っている。


小部数の新聞? 意味があるのか。


マスメディアとしての確固たる位置づけは、新聞です。


対象が、数千となると、儲かるのかというと
、それが、儲かっている事実があります。

広告・宣伝で、使う。


月額いくらで払ってでも読みたくなる新聞。


競馬新聞・競艇・自転車・バイクなどの新聞。


各社業界紙など、オフセット輪転を回せば、
すぐ終わってしまう案件です。


そして、新聞輪転機の独壇場が、ずーと続いてきた世界です。


数百万部の読者に支えられてきたメディアの雄です。


この世界も、デジタル化の進化で、変わってきています。


新聞を取らない人が増えています。


部数は、伸びることなく、減少へと推移しているのです。


見方を変えます。


情報の伝達手段としての、新聞の意義は、
TV・インターネットの普及により、スピードという点では、遅い。


社説など、新聞独自の見解を表明はするが、
事実の報道概要は、TV・インターネットに負けるのは、事実。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク