いったい何のグラフ?と難しいと感じるでしょうけど

外国為替市場としての外国為替証拠金取引に関して見ていきましょう。

外国為替証拠金取引では、二種類の貨幣をやり取りしてそれらの差益を受け取れるというような仕組みなのです。

こうした二つの異なる国の金の中で生まれる差益金額をスワップ金利といいます。

このようなスワップ金利に関して、正式名はスワップポイントと呼ぶとのことです。

FX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利(スワップポイント)というのは、毎日もらう事ができますがしかし毎日の相場の動きで変わってくるのです。

この外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイント(スワップ金利)の取得をねらって外国為替証拠金取引(FX)の為替取引をしている方もいるのです。

スワップ金利はそのFX業者によっても違う点があるためわずかでも儲けが多い業者を使いたいですよね。

しかしながらスワップポイント(スワップ金利)は為替レートが動くことで変化するので注意しましょう。

さらに、為替の取引を行う際は図を読めるのが大切になっています。

こうした図表を読む事で為替のトレードの流れを予測する可能となるようです。

為替取引初心者が見たならば、何の為のグラフですか?と疑問に感じてしまうのでしょうけど重点を覚えておくことによって図を理解する事が可能になるそうです。

どの辺りから円が上昇するだろうあるいは下降しているという風に、一番円安になるとこのチャートで判断する事が可能となり為替取引をする時にはためになるものとなるはずです。

このグラフは日本ではローソク足(陰陽足)が使われていて名前通りローソクの形のグラフで表されているのです。

そのローソク足(陰陽足)を使って高値と安値、かつ終値や始値などを表現されていて図表においては多種多様な形になっています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク