何の為の図表ですか?

外国為替取引市場の外国為替証拠金取引(FX)に関して詳しく見てみます。

外国為替証拠金取引というものは両国のお金を売買してそれら通貨の差益をもらえるという手順なのです。

これら二つの国の金の間で生まれる差益金額をスワップ金利と呼ぶのです。

このようなスワップ金利に関して本当はスワップポイントといわれるらしいです。

スワップポイントとは、毎日でも受け取る事が出来ますが日々のレートの動向により異なるそうです。

こういうFXのスワップポイント(スワップ金利)をもらうことを目当てに外国為替証拠金取引(FX)の為替取引を行っている人々もいるようです。

スワップポイントは、業者によって違ってくるので可能な限り差益金額が高い取引業者でトレードしたいものですよね。

ただし、スワップ金利は為替相場が変わることで一緒に変化するので気をつけてください。

さらに為替の取引をやる際にはグラフを読み取る力が必須になっています。

この図表を読み取る事で、為替の流れを読み取る事が可能となるようです。

外国の為替初心者の方が見たとしたら、何を示しているグラフ?と難しく思うと思いますがツボを知っておけば図表を読み取る事が出来るようになるそうです。

このタイミングで日本円が上がって来ているもしくは下がっているというように今が一番円安になるとこのチャートを見て判別する事が出来て為替取引をするにはためになるネタとなるそうです。

上記の図表は、日本の場合はローソク足(陰陽足)を使っており名前通りローソクの形のような図で作られています。

このローソク足(陰陽足)により高値とか安値、さらに終値とか始値等を示されていて図表の中でいろいろな格好となります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク