この印刷物を作るのに御社のシステムだとどうなります

多くは、DB連携・XML・WEBtoPRINTと、最新の
テクニックを駆使した仕様だ。


数十万から数億まで売値はばらばら、機能もばらばら。


自社が求めるシステムは、どれを選べばいいのか、
判断するには、不確定要素が多すぎます。


実際2年前に、数社からお話を聞いたのですが、しっくり来ない。


こちらからの要望を受けて、応答して回答書の提示は、
満足のいくものではない。


「要望の中身を吟味しているのかよ?」といいたくなります。


わからないことを適当にごまかしている。


相手の会社の上司にうければいいようで、こちらには時間の無駄。


そんな応対で、ストレスがたまる状況が続く。


つまり、応対した数社は、単なる営業で売れればいいだけの
会社だったと後になり納得する。


「この印刷物を作るのに御社のシステムだとどうなりますか」
と現物を見せ、組版のレベルはみればわかるはずだが、
応対した数社のエンジニアの技量と、過去の経験がわかります。


1社は技術者を抱えていない。


1社はカスタマイズ専門で、ASPを薦める
1社は自動組版だけで、データ収集には提案が無い。


この状態では、選択はできない。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク