防災航空隊ってかっこいいね~

防災航空隊は、防災ヘリコプターを所有している自治体に設置され、消防署の管轄となっています。


大腸以下、副隊長一般隊員で構成され、自治体は、救急隊員が配置されている場合もあります。


防災航空隊に救急隊員が配属されているのは、防災ヘリがドクターヘリと兼用されていることが多いからです。


防災航空隊の主な活動は、被災者の構造にあります。


人命救助のはもちろん、車で入ることができない山間地域で起こる氷雪災害等防災航空隊の機能はありません。


氷雪災害の場合、防災航空隊が上空からの調査して、効率的な調査ができるといってもいいでしょう。


しかし、防災航空隊にも欠点があります。


これは、天候に左右されやすいということです。


防災ヘリコプターを出動させると、起伏のあることを知っていても、天候に応じて出動できない場合があります。


無理を出動させると、防災ヘリが災害に遭い、2次災害の危険性たいからです。


この点を克服できれば、防災ヘリはどんな災害にも対応できるといっても過言ではありません。


その意味で、どのような防災にも”完璧”あり得ないことです。


防災航空隊の任務は、山火事の消火活動や被災地への物資輸送も含まれます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク