印刷+ITという環境では、都会・地方関係ありません。

参考事例は、ネットに転がっていますが、その情報を見て
「宝」だと感じるのは1000人に1人かもしれない。


多くは、猫に小判で、その価値を評価できない人には意味の無い情報でしかない
そして、数年後、その情報に基づき着々と育ててきた企業とは格差ができるのは
当たり前。


電子ブック・電子出版と、新しいうねりの中で印刷としてどう生きるのか
地方には、独自の戦略が、多々存在します。


都会と比較して、人件費の安さ。

土地の安さ。

地場に残っている優秀な人材
印刷+ITという環境では、都会・地方関係ありません。


地方から、東京支店を作り都会での営業をしている企業もありますが、
中小それも、数億で成り立つ規模であれば、なにも都会にいく意味はありません。


そういう距離としての視点からは、もっとグローバルな世界を相手のビジネス
が、地方からいろいろでる。

またそうしなければ国全体の経済もうまくいかない。


そんなビジネスのひとつが、通販事業です。


TV通販。

ネットショッピング。

試供品の提供など、今伸びに伸びているのが
この通販事業です。


調べてみてください。

自社の周りで、相手にしていなかった「宝」
猫には小判な企業。


■デジタル+印刷+営業の未来を拓く。


デジタル学習の登竜門を御覧ください
エクセルからDTPそしてプログラム・WEBで系と、デジタルの基礎が網羅されています。


印刷+DTP+WEB+プログラム+動画+SEO+バリアブル
これが、デジタル印刷営業のテリトリーです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク